地域大会で勝つためバドミントンゲーム戦術

意欲十分だったオリジナルTシャツの製作

2016年7月27日(水曜日) テーマ:

若い頃から美術に親しみ、画力にもちょっとした自信のあった私。方々で撮影した写真素材も豊富ですからネタに困る訳でも無く、そうなると当然、最近流行りのデザインtの製作に対しても意欲が湧いてきたのです。

始めはその依頼方法が良く分からなかったのですが、パソコンを通じ原案のデザインをメールフォームから転送し入稿するという方法らしく、これなら郵送といった面倒臭さは感じないだろうと早速デザインを開始。

中途仕事やプライベートで忙しさが増す中、数日間掛け何とか完成したデザイン案のイラストを業者のメールフォームを通じてデータ転送。デザインtの製作を依頼したのでした。

ほぼ自分で着る分という最小ロットでの注文でしたので、若干は割高感は感じたものの、出来上がったシャツは文句無しの仕上がりの上、始めから心配していたシャツの素材の弱さや貧弱な耐久性といった欠点も見られず、十分酷使に耐えられる一品だったので満足度は大きなものでした。

翌年の今夏も積極的に着ている自分オリジナルのデザインt。そろそろ次のデザインを発案し注文してみようかと思案しているところです。